エールベベのキュートフィックスの口コミレビュー!

エールベベのキュートフィックスについて

 

 エールベベ(ALILEBEBE)のチャイルドシートであるキュートフィックス(Cute Fix)を紹介します。

 

チャイルドシートブランの「カーメイト」のエールベベは、カー用品総合メーカーです。カー用品の研究・設計・開発で長年培われた高い技術力でチャイルドシートが開発されています。

 

 

エールベベの3つの思想

 

エールベベは、3つの思想に基づいてチャイルドシートを設計・製造しています。

 

安心(トリプル保証)、信頼、完全性。この3要素こそが、エールベベのチャイルドシートの神髄といっても過言ではありません。

 

 

先ず、安心(トリプル保証)は、製品ロング保証・無償交換・見舞金給付になります。

 

製品ロング保証は、製品によりますが3年又は4年の保証があります。無償交換は、万一事故が起こった場合に、チャイルドシートを無料で新品と交換してもらえます。ただし、生産が終了している商品は、代替品と交換となります。見舞給付は、万一の交通事故が発生した場合に、死亡1,000万円・重度後遺症最高2,000万円のお見舞金が給付されます。これらのトリプル保証は、商品により補償範囲等が異なりますので、実際に購入される商品で確認が必要になります。

 

 

次に、信頼は、“ママの手”クッション・快適な通気性・取り付け簡単の3点セットで高い信頼を獲得しています。

 

“ママの手”クッションは、赤ちゃんを抱くママの手のように未熟な首と股を支え、正しい乗車位置に誘導してくれます。このように赤ちゃんの乗り心地を訴求した上で、ママとパパの操作性も確保しています。通気性は、エアーホールやハンモックエアシートなど通気性を重視した機構を導入して実現しています。

 

 

最後に、完全性は、日々、安全研究施設で安産性の検証が実施されています。

 

この安全研究施設は、世界基準を満足することを確認できる減速式衝突試験機が導入されています。チャイルドシート先進国にて導入されているヨーロッパ統一規格UN(ECE)R44が適用されています。これにより、大変に高い安全基準が確保されています。回転式チャイルドシートとしては、チャイルドシートアセスメントである初の“優”の評価を獲得したほどです。

 

 

エールベベのチャイルドシートの安全性の向上

 

2012年7月に、エールベベのチャイルドシートは、さらに厳しいヨーロッパの安全基準が導入されました。

 

また、自動車には、ISOFIX(アイソフィックス)の取り付け金具の装備が、義務化されました。

 

 

キュートフィックスは、2種類の金具で自動車に固定します。この金具は、キュートフィックスと自動車の間の固定金具は、装着がとても簡単という点がポイントになります。このように安全が確保されることで、赤ちゃんにとっても安全・快適なチャイルドシートが提供されます。ISOFIXが導入される以前は、取り付けに時間を要しましたが、ISOFIXが導入されることで短時間に簡単に取り付け可能となりました。

 

 

チャイルドシートのサイズとお勧め

 

赤ちゃんの成長段階や、家族の生活スタイルに対応した豊富なバリエーションからチャイルドシートを選択できます。

 

エールベベのチャイルドシートは、新生児の2500グラム(50センチメートル)から7歳ごろの25キログラム(120センチメートル)までの幅広くカバーしています。また、着用義務期間のチャイルドシートのラインナップの充実性は、かなり高いものになります。また、どのチャイルドシートが、どの自動車に適合するか否かの車種適合情報をホームページからも入手できます。

 

新生児にお勧めなのが、KURUTTO4です。回転式チャイルドシートである“クルット”シリーズは、赤ちゃんの快適な“すやすやおねんね”を実現します。このチャイルドシートは、多くの新生児にフィットしやすいと思います。

 

 

エールベベのチャイルドシートは、世界最高水準の安全性と操作性を実現しながら、充実した保証もついています。使って・買って安心できるチャイルドシートといえると思います。是非、実際に手にして確認してみると良いと思います。