チャイルドシートを買うなら「isofix」と「シートベルト装着タイプ」のどっちがいいの!?

チャイルドシートを買うなら「isofix」と「シートベルト装着タイプ」のどっちがいいの!?

 

ISOFIX(アイソフィックス)ってなに?

 

チャイルドシートを購入しようとして、ISOFIXといった何やら馴染みのない英単語を目にされた方は多いと思います。

 

呼び名はアイソフィックスといい、国際標準化機構(ISO)がチャイルドシートの誤使用を防ぐために、装着車両との適合性の向上を目的として策定されたもので、いわゆる専用のコネクタを用いてチャイルドシートを固定する方式の事になります。従来型のシートベルト固定方式では取り付けが難しかったり不安定な固定など、色々と問題がありました。そんな欠点を克服するために作られたのがISOFIXになります。

 

ISOFIXでは、誰でも簡単に取り付ける事がでますので、取り付けミスは殆どなくてしっかり固定できる事から今では主流な方式になっています。

 

また、チャイルドシートは車種専用に設計されているISOFIXや、車種を選ばずどれでも取り付けが可能な汎用ISOFIXタイプがあります。ISOFIXでは、車種専用設計で認可を得ており純正メーカーのみの販売となっています。汎用ISOFIXは車種問わず装着可能で色々なメーカーから販売されています。

 

 

ただし注意したいのが、汎用型ISOFIXはチャイルドシートは前向きのみとなる事です。後ろ向きで装着する場合には準汎用型ISOFIX、いわゆる自動車メーカー品のみの扱いとなるために注意が必要です。

 

次に装着したい車がISOFIX対応しているかどうかの確認です。基本的には2012年7月以降に発売された全ての自動車には、汎用ISOFIXアンカーの取り付けが義務付けられていますので、2012年7月以降の自動車であればISOFIX対応のチャイルドシートを装着できます。

 

その他にも、チャイルドシートメーカーが提供している車種適合表で確認できます。また、車の座席にジョイントのための受け側の金具があるかどうか、後部座席にISOFIXのタグが付いているかどうかでも判断する事ができます。

 

 

「isofix」と「シートベルト装着タイプ」のどっちがいいのか?

 

チャイルドシートには、シートベルトで装着する方法とISOFIXで装着する方法とがあります。

 

シートベルト固定タイプでは、ずばり車のシートベルトをチャイルドシートに通して座席に固定する方法で、市販されているチャイルドシートの多くは、こちらの固定方法を採用しています。

 

 

なお、固定方法は2点固定と3点固定タイプがあるのですが、現在市販されているものはほとんどが3点固定タイプとなっています。特徴としては、どんな車種でも装着可能ですので、急な載せ替えが必要になった時でもISOFIX対応車かどうかを選びませんので便利です。

 

また、価格がリーズナブルという事も特徴のひとつです。一方で、取り付けが難しい事やシートベルトの締め付けが不十分でしっかり固定されないという事が挙げられます。

 

次にISOFIXタイプでは、シートベルト式と異なり複雑な取り付けは不要です。専用の金具を座席に備わっているコネクターに差し込むだけで固定できますので、不慣れな方でも簡単に装着する事ができます。

 

また、しっかり固定できるといったメリットがあります。しかし、価格の面ではシートベルト装着タイプに比べて高額になります。

 

この様に、両タイプそれぞれに特徴があるのですが、簡単に装着できてしっかりと固定したい、と考えるのであれば金額の面では少々高くはなりますが、ISOFIXがおすすめという事になります。また、最近のチャイルドシートは、シートベルトでもISOFIXでも、どちらでも取り付けられるといったタイプも販売されていますので、悩んだ時にはこういったタイプの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

この様に、いずれのタイプにもメリットやデメリットがあります。

 

しかし固定方法によってどちらがより安全ということではありません。大切な事は、それぞれの固定方式で正しい方法で装着するということがとても大切だといえます。