【徹底調査!】チャイルドシートの中古は危険なのか!?

【徹底調査!】チャイルドシートの中古は危険なのか!?

 

チャイルドシートの購入は「新品」か「中古」でいいのか?

 

チャイルドシートは、体の小さい赤ちゃんや子供を交通事故の衝撃から保護するための大切な道具になります。6歳未満の子供を乗車させる場合は、チャイルドシートの着用が法律上、義務付けされています。

 

 

チャイルドシートは中古であっても新品であっても、万が一の交通事故の衝撃から子供を保護する観点で、極めて重要なシートです。そのために、新品・中古に係わらずに、安全基準を満足しているか確認が必要になります。国土交通省のホームページに掲載されている情報によると、チャイルドシートを着用していない場合の死亡重傷率は、チャイルドシート使用者の約2.1倍に達しています。

 

 

さらに、チャイルドシートを着用しても死亡重傷率を改善できない場合があります。それは、チャイルドシートを適切に着用しないことで、死亡重傷率の改善に繋がらないことになりかねません。実際に、チャイルドシートの不適正な使用者の死亡重傷率は、チャイルドシートの適正な使用者の約6.0倍に達します。そうなのです新品を購入しても中古を購入しても適切な使用を心掛けないと、チャイルドシートの機能を十分に発揮しないことには、注意を払う必要があります。このデータから悲劇的な事故を回避するためにも、チャイルドシートを適切に着用することが極めて大切になります。

 

 

国土交通省からチャイルドシートの安全基準としてEマークといわれるものがあります。安全基準を満足したチャイルドシートには、Eマークが貼り付けてあります。Eマークのチャイルドシートの種類には、汎用(UNIVERSAL)・準汎用(SEMI UNIVERSAL)・限定(RESTRICTED)・特定車両用(SPECIFIC VEHICLE)があります。さらに、装置を認可した国の番号が記載されています。例えば、ドイツは、E1です。日本は、E43になります。Eマークは、2012年6月30日以前と以降で安全基準が異なります。

 

 

ここで気になるのが各国の安全基準になります。アメリカの安全基準は、FMVSS 213、欧州の安全基準は、ECE/R44になります。日本でもアメリカや欧州の基準が採用されています。この観点で、日本のE43マークも安全性が高いと考えられます。しかしながら、従来のシートベルト固定式からISOFIX固定式が主流化してきており、欧州では、新安全基準として“i-size”が2013年中頃から提唱されてきています。

 

チャイルドシートは、「新品」あるいは「中古」に係わらず、アメリカ・欧州・日本の厳しい安全基準を満足しているものがよいと考えられます。更に、新安全基準を満足している欧州基準のチャイルドシートが選択としてよいと思います。

 

 

使用状況や生産年の不明な中古品は使用しない方がいい!

 

先ほども触れましたが、国土交通省の安全基準であるEマークがあることが大前提になります。

 

さらに、中古品の場合には、2012年7月以降のEマークがあることをチェックすることが大切になります。そのために生産年の不明な中古品は、使用を避けた方がよりよいと考えられます。使用状況の確認も重要になります。その理由として幾つか考えられます。

 

 

一例を挙げると、チャイルドシートが事故などで衝撃を受けたものなどについては、少し注意が必要になるかもしれません。一度事故などに遭遇した場合は、衝撃吸収材の効果が弱まる場合があるからです。このように安全基準を満足していて、事故等の前歴がないことが大切になります。さらに、可能であれば、“i-size”の新安全基準に対応していれば、なお、よいと思います。

 

 

まとめ

 

チャイルドシートは、新品を購入して中古として市場に出るまでの使用回数は、意外に多くないのが実態と思います。

 

例えば、子供1人の家庭で、6歳まで使用した場合に、自動車を週末だけ使用した場合に、ひと月に4回程度使用すると6年間の使用回数は、312回になります。時間換算すると使用する実際の使用時間は、意外に少ないと感じらえると思います。

 

 

チャイルドシートの中古品は、2012年7月以降の国土交通省の安全基準であるEマークがあり、事故等の前歴がなければ、危険性のリスクは大幅に軽減されると考えられます。これらの観点から、私は中古品のチャイルドシートを購入して、何の問題も生じることなく利用しています。皆さんも、中古品のチャイルドシートも検討の中に入れられては、如何でしょうか?