口コミで話題のチャイルドシート|エールベベクルットは買い!?

【徹底検証】口コミで話題の「エールベベクルット」は買いなのか!?

 

 

もう周知の事実だとは思うのですが、念のために言っておきます。

 

 

チャイルドシートは着用義務があります。

 

 

それは赤ちゃんがオギャーッと生まれた瞬間、初めて車に乗る時から発生しています。

 

新生児から6歳になるまでチャイルドシートは着用義務があるのです。0歳から6歳までの長い年月使い続けられる使いやすさが必要です。

 

 

更に「子どもの命を守る」という重要なポイントもあります。

 

そんなバランスのとれたチャイルドシートで口コミで話題のエールベベのチャイルドシートについてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

口コミで話題の「エールベベ」のチャイルドシート

 

 

 

「チャイルドシート おすすめ」と検索してみると、それはそれは、膨大な数のチャイルドシートが出てきます。

 

多くの情報を全て網羅して、自分に最適なものを見つけられるのが一番ですが、それはかなりの時間がかかります。そのなかで一際、口コミで話題のチャイルドシートがあります。

 

 

それは「エールベベ」です。

 

 

 

 

口コミの内容を見てみると、「新生児から使える」「操作が簡単」「保証がある」「カーメイトだから安心」など、嬉しい情報がどんどんでてきます。

 

なかでも、新生児から使える安心感と使い心地が特徴です。ママと赤ちゃんだけの外出の時は、簡単に操作できることは特に重要です。

 

 

私も一度、妹の子どもをチャイルドシートに載せたことがあるのですが、「メチャメチャ怖い!!」チャイルドシートの使い方は難しく、アタフタしていると赤ちゃんは泣きだすし、てんやわんやでした。

 

口コミの使い心地の良さは非常にポイントが高いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

エールベベクルットの種類と選び方

 

 

 

エールベベには様々な種類のチャイルドシートがあります。

 

クルットシリーズ

 

スウィングシリーズ

 

サラットシリーズティー

 

大きく分けると3シリーズにわかれています。ネーミングセンスが分かりやすくていいですよね。見たまま、聞いたままの印象通りの製品の作りです。どのシリーズもおすすめなのですが特におすすめなのが「エールベベクルット」です。

 

ではこのクルットシリーズについて詳しくご紹介していきます。

 

 

クルットシリーズ

 

クルットはその名の通り、回転式チャイルドシートです。「エールベベ」の中で最も人気でおすすめのものとなっています。製品の数も豊富で、自分の要望に合わせて選べます。クルットの神髄が詰まった製品ばかりなので、詳しく見ていきましょう。

 

クルットフォー(KURUTTO 4)

 

 

 

いま現在(2017年6月1日)、一番新しいものです。

 

コンセプトは『赤ちゃんの快適な”すやすや おねんね“を実現』です。ママと赤ちゃんだけで車に乗っているときは、赤ちゃんが泣き始めるとTHE・ENDですよね。あやしたくても、抱っこしてあげたくても、車を運転しなくちゃいけません。寝たところを見計らって、そろ〜っとチャイルドシートに乗せたいと考えると思います。

 

それを実現できるのがエールベベ・クルットフォーなのです。

 

目的地まで静かに、寝ていてくれたら万々歳!!クルットフォーには『サイレントターン』『ワイドサンシェード』『らくのせフラットシート』『Wらくらくウォッシャブルカバー』という赤ちゃんの”すやすやおねんね“の4つのポイントががっちり抑えられています。

 

 

クルットフォーは最上級モデルになります。

 

エアーホールが1695個開いていて、カバーもふんわりメッシュを搭載。汗っかきの赤ちゃんも快適に眠りにつける使用になっています。カバーも洗えるし、通気性も良く清潔に保つことができます。赤ちゃんの安全面では、フルサポートクッション“LL”という強力なサポーターがいます。新生児の未熟な体をしっかりと包み込みます。具体的にはにはヒップサポートが大きくなり、赤ちゃんのお尻からO脚の足をしっかり包み込んでくれるというわけです。子どもの成長に合わせて腰ベルトもワンタッチで調整でき、4歳ごろまで長く使うことができます。

 

 

更に、エールベベ・クルットフォーは2種類の取付モデルがあります。

 

ISOFIX取付専用は「エールベベ・クルット フォーアイ」

 

シートベルト取付専用が「エールベベ・クルット フォーエス」

 

自分の車に合わせて選べるところが嬉しいですね。

 

 

そしてもう一つ選ぶポイントがGrance<グランス>とPremium<プレミアム>です。

 

一言で言うとグランスの方が機能も最強で値段も高いです。グランスとプレミアムの差は5000円。上記で説明している素晴らしい機能が完全体でついているのがグランス。機能はついているけど、大きさや仕様が若干控えめなのがグランスです。具体的に言うと、サンシェードの大きさの違い。フルサポートクッションの大きさの違い。クッションに低反発素材を使用しているか。ベースクッションが1層か2層か。以上の違いです。5000円の価値は十分にあると思います。

 

 

「エールベベ・クルットフォー」の選び方をまとめると2点です。

 

『取付モデルはどっちか?』

 

『機能の差。グランスorプレミアム?』

 

 

どちらにしてもクルットシリーズ最強のモデルなので後悔はないはずです。

 

 

>>エールベベクルットフォーの公式サイトはコチラ

 

 

クルットスリーアイ(KURUTTO 3i)

 

 

 

 

こちらは1つ古い様式です。コンセプトは『ねむる。まもる。いきる。』です。クルットシリーズの原型とも言えます。先ほどのクルットフォーと比較していうと、

 

回転式が少し静かさが劣る

 

フラットクッションはあり。が少し性能が劣る

 

らくのせベルトが紐タイプ(クルットフォーは穴タイプで使いやすさアップ)

 

クッションはLサイズ

 

腰ベルトなし

 

ふんわりメッシュなし

 

こんなに違うのかよ〜と思われたかもしれませんが、後は同じ仕様です。何度も言いますがクルットフォーが最強すぎるのです。

 

クルットスリーアイも子どもの安全、使いやすさを兼ね備えた良い商品です。ISOFIX取付も搭載されています。ちなみにISOFIX取付とは車の固定金具と連結できるということです。平成12年7月以降に生産された車にはISOFIX取付金具の装備が義務付けられています。

 

 

さっくりとまとめると、クルット・スリーアイはクルット・フォーの原型です。

 

標準な装備はクルットフォーと大きくは変わりません。値段と相談しながら、どこまでの仕様が必要なのかを合わせてクルット・フォーと選択していくのがおすすめです。

 

 

>>エールべべ クルットスリーアイ公式サイトはコチラ

 

 

クルットエヌティー(KURUTTO NT)

 

 

 

 

これはクルットシリーズ誕生のものです。コンセプトは『はじめてなのにはじめてじゃないみたい』です。より、ママの使いやすさに特化した製品作りをした印象です。

 

クルットシリーズの持ち味、回転式は搭載しています。車の取付は3ステップでシートベルトでの取付のみです。赤ちゃんの安全性は確保されていて、サンシェードもあります。ただクルットスリーアイ以降のものと比べると、シートのフラット具合など劣る点は見受けられます。

 

 

取付方法や赤ちゃんの乗り心地を追及したい方はクルット・スリーアイ以降のものがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

エールベベクルット購入者の口コミ

 

 

 

実際に、購入している方からの口コミも良好です。

 

一番多い意見が回転式の乗せ降ろしが快適というものです。赤ちゃんを抱っこしていても、片手で簡単に操作できるところがママにも赤ちゃんにとっても快適のようです。

 

 

またISOFIX取付も好評です。2台車をお持ちの方にとって取り外しが簡単にできるというところもポイントが高いです。クルットスリー以降のものは子どもの成長に合わせて、すぐに調整をできるのも楽ちんなようです。更に多かったのが、回転式なのに、しっかりとした作りでガタつきがなく安心という意見。やはり大事なお子さんの安全性は重要です。

 

少し使いにくいという口コミでは肩ベルトが分厚く、肩ベルトの留め具がバックルに届きにくいというものがありました。肩ベルトの調整をはじめに行う必要があるようです。しっかりとした作りゆえの口コミですね。

 

 

友達にも聞いてみた!

 

友だちで実際に「エールベベクルット」を使っている子がいたので、色々と聞いてみました。

 

友だちが使っていたのは「エールベベ・クルットスリーアイ」でした。

 

 

何が一番いいのかというと、「意外とコンパクト」ということでした。しっかりした造りなのに圧迫感がなかったので小さな車でもいけたところが嬉しいとか。次に出たのは、「丸洗い最高!」でした。やはり小さな赤ちゃんは少しのことで吐いたり、よだれで意外とシートが汚れるようです。

 

取り外しが簡単でジャブジャブ洗えるので楽ちんとのこと。私も少し、シートを触らせてもらったのですが「回転式すげぇ」と声が漏れました。以前妹のチャイルドシートを使った時の感覚と全く違います。360度グルンっと回るのでスムーズに乗せ降ろしができました。見た感じは赤ちゃんが“おくるみ”に包まれているように「すっぽり」と収まっていて、安定感があります。これなら運転中も安心です。

 

 

 

 

 

数あるチャイルドシートの中から「エールベベクルット」が選ばれる4つの理由

 

 

 

チャイルドシートの会社、種類は本当にたくさんのものがあります。なぜ、エールベベ・」クルットはこんなにも選ばれているのでしょうか。

 

 

赤ちゃんに優しい

 

まずは、やはり充実の機能はすべて、シートに座る赤ちゃんのことを考えた作りになっていることです。

 

安全性においてはもちろんのこと、新生児の赤ちゃんは本当に敏感で些細なことで、ぐずったり、泣いたりします。新生児の赤ちゃんにとって車に乗ることが不快にならないように、ゆっくりと眠ることができるようにというこだわりが感じられます。親心としては大事な可愛い子どもが使うものは、より快適なものを選びたいと思うはずです。

 

 

ママ・パパにも優しい

 

赤ちゃんのことを考えた製品でも、実際に使って乗り降りをするのは大人です。

 

使う大人が使いにくければそれは、ストレスになります。エールベベ・クルットは大人の使いやすさにもこだわった製品なのです。ワンタッチで回転するのはもちろん、成長に合わせての大きさ調整も簡単なステップで行えます。特にママ1人の時にでも、片手で乗り降りができる点は最も選ばれるポイントとなっています。

 

 

安心の日本製

 

車のことを知り尽くしたカーメイトのチャイルドシートの安心感に重ねて、日本製というお墨付きです。更にトリプル保障がついています。

 

@3年保証

 

A無料交換(万一の事故の時に。申し込みが必要)

 

B見舞金給付(もしもの時に。保健会社共同開発)

 

安全、安心なのはとても心強いですね。

 

 

バランスの優れたチャイルドシート

 

エールベベはこだわって作られた製品ですが、どこかがとびぬけて優秀なかわりに、ここが少し劣るんだよな…という点がなく、総合的にバランスのとれた商品です。

 

安全、安心、赤ちゃんにとっての使い心地、パパ・ママにとっての使い心地、どれをとってもバランスがよく、不安感なく使えることが選ばれるポイントです。幅広い層から支持され続けています。

 

 

 

まとめ

 

口コミで話題のエールベベ・クルットは安心・安全なバランスなとれた商品です。よってわたし的には買いです。

 

他社の製品と比べてみると、値段が割高感はありますが、その分性能が抜群に良いです。

 

 

値段が少し気になる方はクルット・スリー以前のものを選ぶのも手だと思います。

 

大事なお子さんとすてきなカーライフを送ってくださいね^^